Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第5弾〜Icho Cup :はじめての対面大会〜

秋のブログ祭り第5弾は、京都大学一年生のこいけわかな(通称わそう)さんに書いていただきました!銀杏杯2023年にディベーターとして参加した経験について語っていただきました。


初めまして、銀杏杯2023に参加した京大一年生チームのwakambaraです!

wakambaraは同じ学部で同じクラスの Michiru KambaraWakana Koike のチームなんですが、今回はわかなの方が銀杏杯のリポートを書かせていただきます。

まずESSを大学で始めたきっかけを軽く書きます!

 

私は今までディベート経験はなく、ただ3歳から8歳までオーストラリアに住んでいた経験から英語や英語圏の文化が好きで、そのため英語でスピーチをするという響きだけにまずは惹かれて、新歓期にみちるに連れられ京大ESSの練習を見に行きました。

 

そこで大先輩のますべさんをはじめとする先輩方のディベートを目の当たりにして、ESSの奥深さに胸を打たれました。

 

英語が上手いとか知識がすごいとかだけではなく、論理的思考がとにかくすごい。自分たちの論を抜け目なく迅速に組み立てた上で(この過程の思考力がとにかく真似できない。論理が論理であり過ぎてもはや論理の暴力)、相手の論に対し様々な手段を用いて攻めながら、すかさず自分たちの防御にも回る。それをRound中にこなしていくスピードの疾走感がもはやスポ根漫画の試合シーンさながらで、これが英語ディベートというものか…と、その時新たな扉が開く音がしました。

 

そうした強豪同士の白熱した魂の試合みたいなものに憧れて始めたはいいものの、その域に達するにはもっともっと修行が必要なのだと、やればやるほど思い知らされました。

 

私にとっては2回目のディベート大会である銀杏杯(1ヶ月前の若葉杯は別チームで参加)は、ディベートの難しさを突きつけられた大会でもありました。

結果は1勝3敗。

初めて関東勢と対面で会えた高揚感や初遠征のワクワク感もありつつ、一番には悔しさが残る大会経験となりました。

だけどいつかは自分たちもブレイクしたい!!!!表彰式で名前を呼ばれて飛び上がってペアと抱き合ってみたい!!という熱望を込めてリポートしたいと思います。

 

Round1 THBT parents from minority groups should actively teach their children the reality of oppression. 自分たちはGov side. Gov-lose 

Argumentが時間内に一個しか立てられず、それをなんとか最大限詰めたつもりがそこまで実際的ではないと主にJudgeの方に指摘され、voteはOppに入りました。

 

Round 2 THW require companies to hire a significant percentage of employees without university degree across all levels their organization. Opp-lose

このroundではプレパの時間の役割分担をみちると失敗し、それもあってお互いにインパクトとメカニズムの曖昧なスピーチをしてしまった気がします。このroundも、比較的インパクトを具体的に述べられていたGovの方にvoteが入りました。

 

Round 3 THR the romanticization of the ‘that girl’ aesthetic. Opp-Win

このroundはGovの方がmotionの意味を間違えて捉えていたこともあって有利に進めることができ、結果Oppの方にvoteが入りましたが、motionの前提や背景、描こうとしている世界の描写の明確性などが掴めていないことをJudgeの方に指摘され、round中の視野の狭さに気付かされました。

 

Round 4 THBT developing countries should prioritize environmental sustainability over economic development. Gov-Lose

このmotionを見た時、よしGovいけるぞ!!とみちると顔を合わせたのも束の間、私たちが軸にしたarugumentが、actorが世界全体の人というなんとも落とし込みづらいもので、Oppのactorが発展途上国で仕事がなく今この瞬間にも飢えている人という、より実際的な対象であったことなどから、Judgeの方からのフィードバックは聞けていないですが負けたなぁと感じました。あとから冷静に考えてみると、もっと身近な落とし込みやすいactorがいたり、一つ一つ丁寧に証明していけば落とし込めたのにな…と気づくことが多かったです。

 

全体を振り返って、明らかに自分たちの論が弱いこともあれば、なんでここをとってもらえないんだろう?!え、ディベートわかんない!とモヤモヤするところもありました。しかし総じて、今大会はいかに自分たちのargumentが完成されていないかを痛感させてくれたので、これからはもっとstep by stepで詰める練習をしていきたいと思いました。

随分個人的な反省文になってしまいましたが、ここまで読んでくださって有難うございました。

そして、ディベート全然上手くならん…と落ち込み気味な私に、いつでもポジティブ100%な言葉と自分たちの可能性を信じる曇なきまなこを返してくれるみちるありがとう!

これからも京大babies 頑張ります!


わかなさん、ありがとうございました!奮闘する姿、とてもカッコ良いです。

次回の投稿で秋のブログ祭り最後になります、お楽しみに!

京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、
ご支援を頂いております。https://www.angelplayingcards.com/

 

 

 

 

 

Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第4弾 〜Wakaba Cup: 初大会奮闘記〜

秋のブログ祭り第4弾 〜Wakaba Cup: 初大会奮闘記〜は、若葉杯に参加した京都大学の藤本拓実(通称たくみん)さんに書いていただきました!関西主催の一年生大会、打ち上げの体験について書いてくれました!


若葉杯を終えて

 はじめまして、ディベート1年目、京大工学部3回の藤本拓実と申します。今回、若葉杯の感想を書かせて頂くことになりました。ブログの執筆は初めてなのですが、まずは自己紹介から。僕は大学に入るまで英語圏に行ったことはありません。日本が好きな人間です。でも英語は好きで、働くまでにはちゃんとしゃべれるようになりたいなーと思い、結構遅いですがディベートを始めました。要するに、帰国子女でした!的な背景はないし、めっちゃ海外に行きたいわけでもないけど、必要そうだし楽しいからディベートに足を突っ込んだ、つまらない人間です。
 さて、ここから時系列で若葉杯を振り返っていきます。思ったことをつらつら書いているだけなので、面白くないかもしれませんが、よければお付き合いください。

1.試合前練習
 まずこの場で言っておきたいことは、とにかく先輩方が優しかったことです。こちらがどのように練習すれば良いか、そもそもディベートのルールはどのようなものか、のような基礎知識を何も知らない状態だったため、先輩方はお忙しい中で練習機会を設定し、非常に有意義な情報をたくさん教えてくださいました。普段の週2の練習に加えて、試合1ヶ月ほど前からは空きコマ練まで用意してくださり、そのお陰で試合前には、少なくとも何を話せば良いかくらいはわかる状態になっていました。同志社のちさとさんとゆうかさん、京大のますべさん、とりちゃんさん、阪大の先輩方、そしてオンライン練習でジャッジなどを通してサポートしてくださった皆様に本当に感謝しています。
 今回の試合はNAスタイルというもので、京大1回のわかなさんと一緒に出場しました。僕と違ってとても整った英語をすらすらーっと話せる人なので、足を引っ張らないように頑張らないとな、という気持ちで本番に臨みました。また、初めての大会でかなり緊張しており、ボコられに行こう!という意識を共有して臨みました。

2.若葉杯本番
R1: THW give more votes to the poor. (Opp-Win)
 初めての大会のはじめの試合なので、めちゃくちゃ緊張していましたが、相手が話し始めて相手も緊張していることがわかると、ちょっとだけ気持ちが楽になりました。内容はImpactが薄くてまだまだやなーと感じるものでしたが、試合が終わってから、相手のお二人と楽しくお話しできて、頑張って行こうぜ、みたいな雰囲気で終われたのが良かった。対戦ありがとうございました。

R2: THBT the feminist movement should support the self-commercialization of the female body outside of the sex-industry (Gov-Lose).
 Motionを読み込んで、「え?これはOppやろ」と2人の個人的意見が即一致した試合。一部では善戦出来た感もあった気がしますが、feminist movementが支持する必要性を全然出せず、そこを東大のお二方にボッコボコに殴られて終わりました。Argumentに必要な要素について再認識させられたこともあり、いろいろと学びの多い試合でした。戦ってくれた東大のお二方(中学と高校からディベートやってらっしゃったそうです)、ちょっと速すぎて何言ってるかあんま分からんかったけど、ありがとう。

R3: THS the widespread use of illegal methods to promote open access to knowledge. (Opp-Win)
 個人的に2番目にやらかした試合がこちら。はじめてThis house supportの形式が出てきて、議会を通るか通らないかを話してはいけないことを知らず、そこに1st argumentをしっかり費やしてしまったために、こちらのargumentが1個しかない状態でした。2ndとしてacademic improvementの話をきっちり立ててくれた相方にとにかく感謝です。

R4: THS the SCOTUS decision: an applicant’s race or ethnicity can no longer be considered as a factor in college or university admissions decisions. (Gov-Lose)
 今度は議会通るか通らないかを議論しないぞ、と強い決意を持って挑んだ最終ラウンド。一番やらかしたラウンドでもあります。Motion見てこれは行けるんじゃね?と思い、Principal とPracticalの便益をしっかり立て、なんか勝てた気になり、相手のお二人の言っていることがこれまた速すぎてよう分からんかったけど、行けてるかなーと思ったら負けてました。夜遅いのにRFDを頂き(詳しく説明頂きありがとうございます!)、よく読んで、それでもよく分からず質問をしたところ、なんとmotionの意味を取り違えていたことが判明。もうとにかく恥ずかしい。穴があったら入るだけじゃなくて掘りまくってマントル突き抜けて溶けて消えたい。

3.Closing ceremony
 試合後に打ち上げがあったので、打ち上げの場所に向かう途中で見ていました。この時点ではもしかすると3勝1敗にできたかもと思っていたので(もうまじで恥ずかしい)、何にも入賞していなくてかなり悔しかったです。ただ、一緒に参加した同志社の二人が入賞していたのはうれしかったし、やっぱすげえなあと思っていました。

4.まとめ
 感想しか書いてないですね、はい、端的にまとめます。まず初めての試合の感想としては「得られるものが非常に多い」というのが一番大きかったです。対戦の際のメモの作り方、POIヘの対処方法、そしてmotion分析の重要性!!等の技術的なものに限らず、自分の相方や一緒に参加した同志社の2人、対戦相手、あと試合後の打ち上げでお会いできた運営の先輩方との交友関係を築けたことも大きな成果かなと思います。ディベートをやっているけど試合にはあまりでないという方々、試合は緊張するし長いし頭使いまくってしんどいとは思いますが、上に挙げたような利点もあるので、ぜひ参加してみてはどうでしょうか。また、ディベートをやったことのない方々も、僕みたいなただの英語好きでもいけそうな世界なので、興味があれば是非のぞいてみてください。なお、参加する際はmotionちゃんと読みましょう。ずっと引きずってます。
 それでは、この辺で失礼します。相方のわかなさん、練習に付き合ったくれた皆様、今大会の運営に関わってくださった皆様、そしてここまで感想文を読んでくださった皆様、ありがとうございました。

関西コミュニティー打ち上げ

 


ものすごく謙虚で性格の良いたくみんさん、すばらしいマインドセットでこれからも奮闘してほしいです、ありがとうございました!第5弾もお楽しみに!

京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、
ご支援を頂いております。https://www.angelplayingcards.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第3弾 〜Nagoya Debate Open:ひなのが世界一可愛い編〜

秋のブログ祭り#3は、同志社大学2年生の桑山千怜さんにNagoya Debate Openについて

書いていただきました。後輩の可愛さについて語ってくれました。


こんにちは!!同志社2回の桑山千怜です。今回は6月に行われたNDOについていろいろ思ったこととかを振り返ります。

今回は安定のおおさわゆうかと、大天才つくば一回生のひなのと組みました。

同期がたくさん集まるということもあり、みんなに会って軽ーく楽しめたらいいな!なんて思ってました。でも、R2後にひなのが「ブレイクできたら先輩方ともっとディベートができるからブレイクしたいなあ」と言ってくれたのをきっかけに、これはお遊び気分ではいけないと焦り、そこから死ぬ気で頑張りました、決心が遅いですね。

 

そんなNDOの一番の感想は「ひなのかわいい」。これに尽きます。

一個しか違わないのになんであんなに可愛いんでしょうか、ごはん全部奢ってあげたくなっちゃいます。

しかもしかも本当に天才なんです。成蹊ジョイントをアイアンで優勝した伝説はみなさんご存じだと思うのですが、今回も放置してたら勝手にWhipをこなしてくれました。そんな一回生おらんやろ、、、。

 

インラウンドはKDS一回生ズと当たったR1以外、とにかく身内と当たった印象しかないです。R2はロッピーゆうなゆうきの激強ルーキー(笑)チームと、R3はりゅーのすけチームと、R4はゆーいちろくんチームと当たりました。ブレイクがかかっていたことやこっちサイドに有利なモーションだったこともあり、R4は3人とも上手いこといったように思います。ジャッジの方に「私普段そんな褒めないよ〜」と言いながらもたくさん褒めていただいて、とても嬉しかったです。あとは、R3でUADC中のみなみとりょうせいが見に来てくれたのも嬉しかったな。

 

なんだかんだで楽しく初日が終わり、4位ブレイクが発表されて喜んだのも束の間、Quarter-finalsの相手がますべさんなことが判明して絶望しました。案の定負けました。モーションはTHBT parents and teachers should actively encourage children to invest in their physical appearance and attractiveness。私たちGovからはメイク楽しいやん、はよやった方が上手くなるやんみたいな話を出したのですが、全部Washになり、LOから出てたなんかのデルタ(覚えてないない)で負けちゃいました。悔しい。あっさり終わっちゃった。

ラウンド中Diorしかメイクのブランドを言わなかったますべさんの
プチプラコスメの存在をアピール

私とゆうかはますべさんと組んだ春Tがはじめてのオープンブレイクだったのですが、大キャリーしていただいた結果だったので、正直申し訳ない気持ちの方が大きかったです。でもNDOは3人で力を合わせてブレイクできた感覚があったので素直に嬉しかったです(運が良かったのもありますが、、、)。

 

ちょっとずつではありますが、一回生のころからは成長できてるのかなと思うと同時に、オープンプライズ、ジャッジプライズをもらって活躍している同期をみて自分も頑張らないとなと自分を顧みるいい機会になりました。

ひなのかわいい

次は「ますべ討伐」でまたいつか3人で組みたいな、、!

 

おわり!


後輩と組むと癒されますよね!ジョイントが許される大会、いろんな人と組めて面白いです!

明日の投稿もお見逃しなく!

【Nagoya Debate Open 2023】

《Team Prize》
✨🌸Open quarterfinalist🌸✨
▶️ちいかわ討伐(Kuwayama, Osawa, joint)

 


京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、
ご支援を頂いております。
https://www.angelplayingcards.com/

 

Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第2弾 〜Tokyo IV かとーゆーきは天才〜

Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第二弾、東大主催のオンライン海外大会・TokyoIVに参加した同志社2年の大澤ゆうかさんの感想を2日続けてどうぞ!

 


 

加藤ゆうきって22’勢のどんって感じやないですか。めっちゃ「人気者!」って感じやから絶対もうパートナー決まってるだろうなーって思いながらダメもとで「出る人決まってなかったら組んでもらうことってできますか。。。。。。」って聞いたらまさかのオッケーでびっくりしました。ゆうきは元々ちさとの友達で、それ経由で上部フレンズ関係だったのですが、東京IVで組んでからB-wordって呼び合え、鴨川で人間を捨てられるようなリアルフレンズになれて嬉しかったです。ディベートの大会って本当に不思議な現象が起こる場所で、一回一緒に大会に出ると一気に仲良くなれるような気がします。トラウマボンディングの一種やと思います。 

 

東京IVに向けて、WADのリー・ヒュンミン様に神すぎるコーチングをしていただきました。ヒュンミン様は、ざかんで初めて当たったとき、めっちゃ声と背がでかくて圧倒されたのですが、後にしゃべってみると普通にすごい優しくて、私のよくわからない話(ドンキとコストコの素晴らしさについてひたすら語っていました)を笑って聞いてくれるマザーテレサでした。直属の後輩でもないのに、コーチしていただいて本当にありがたかったです。ひたすらモーションを出され、プレパをして、ダメ出しされて、アーギュメントの出し方を学びました。同じアーギュメントでも、パッケージングの仕方で威力を増加させる方法を叩き込まれました。死ぬほど勉強になりました。また、このコーチングの時間でゆうきの凄さを改めて理解したような気がしました。ゆうきはとにかく話のレパートリーが広く、そしてそれを組み立てるのが腹立たしいほどうまいです。音源・レクチャーナードの脅威の現れだと思います。最初は私がデピュティー・ウィップをやる予定だったのですが、ゆうきがマター・ダンプして、私がそれをぶっ放す方が効率がいいやん!となり路線変更をしました。

ヒュンミン様を崇拝する信仰者たち

チーム名:Hyunmindore’s army が使用していたズームの写真
(イラジャしないでねという意志を込めてガンを飛ばしています)

〜当日(ずっと前だからあんまり覚えていないLOL)〜

Round 1: This house would only allow university admission on the basis of standardized testing (e.g. SAT, gaokao) as opposed to non-quantitative methods (e.g. essays, interviews) CO, 2nd 

いきなり韓国オーソリと当たってびっくり、だけど練習したことのあるモーションで助かりました。海外大会のいいところは、やっぱり海外オーソリのスピーチを生で聞きながら、えっぐうううってラインで会話できるところだと思います。ラインとグーグルドックス上での会話はカオス。

 

Round 2: This house regrets the rise of "cut-off culture" OO, 3rd 

This was a round. We debated. POI was ignored. RFD was (technically) given.

クロージングガバメントのメガネがかわいかったです。

 

Round 3: This house supports the use of economic warfare (eg. tariffs, targeted sanctions, etc.) against belligerent states in order to force compliance with the rules of the global economic order (eg. opening up the economy, protecting intellectual property, not engaging in currency manipulation, etc.) OG, 4th 

 

めっちゃいかついモーションが出て焦りました。しかもプルアップされてるやん。余裕で4位わっしょい。一位のチームにイーコンのコツをゆうきが聞いたらめっちゃ有益な情報を教えてもらえてました。嫌いを避けない方がいいんだなと思って、大学でイーコンのセミナーを取ることにしました。

 

Round 4: This house prefers a world with a dominant norm of spiritual fluidity CG, 1st 

ゆうきがチャットGPTとして私を活用し始めたラウンド。

Round 5: This house regrets the glorification of authenticity of lived experiences in the creation of art 1st, CG

 意味がわからないくらい準備の早いゆうきを必要以上に早く起こしてしまうことからはじまった二日目。同じチームと当たりすぎて、顔見知りになりました。ゆうきに何回も”what's the counterfactual"って言われてcouterfactualの大切さが刷り込まれました。アートモーションは大体プリブリッジの話ができるから割と好きです。

 

This is a really terrible blog lol, I don’t remember anything.

 


〜全てを終えて〜

東京IVのハイライトは

1. 加藤ゆうきとリー・ヒュンミン様のスレイの影響を受けたこと。

2. みなみとゆうたさんがスレイするのを生で見れたこと。

3. すごいクオリティーの高いスレイな大会に安く参加できたこと

(交通費+宿泊代ゼロ?Unheard of for a Kansai debater). 

読んでくれてありがとうございます!秋Tきてね! Byeeeeeeeeeee.


東京IV、楽しかったみたいですね!ジョイントチームは新鮮で面白いです。

明日の更新もお楽しみに!

京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、
ご支援を頂いております。

https://www.angelplayingcards.com/

 

Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り第一弾 〜Keio Debate Open: 関東でBig Slay編〜


ご無沙汰しております、ブログ担です!始まりました、Kyoto Debate Team 秋のブログ祭り!トップバッターは同志社2年生の大澤ゆうかさんに書いてもらえました!彼女のchaoticなエネルギーがドバドバなブログとなっております。

 


同志社大学の大澤ゆうかです。Keio Debate Open 2023 に参加させていただいたので、感想とか書いていこうかなって思います!

さて、私がKDOに参加したのは、東京に住んでいる友達と遊びたかったので、東京に行く理由が必要だったからです(モラルというものは私の中に存在しません)。大好きな友達が思った以上早く大阪から東京に戻ってしまうとしり、まだ遊び足りていない私はKDOを出汁に使って父に飛行機のマイルを譲ってもらおうと考えたのです(ものすごく非道徳的であります)。なので、ちょうどUTDSのしんえつとKDSのまいがメンバーを探しているのを見かけ、秒で組んでもらいました。受け入れてもらった当時は「ラッキー」と思っていたくらいなのですが、東京に行く日が近づくにつれ、焦りと不安の気持ちが込み上がってきました。アジバシに参加せず、同期たちよりアジアンデビューが遅れてしまい、KDOが初めてのアジアン大会だった私は、チームの足を引っ張ってしまうかもしれない。。。。。アホにとっては珍しい心情でした。ですが、伊丹空港八つ橋を買うことでこの感情はかなり軽減されます。ゴミスピーチをしても、八つ橋を配れば「ゴミスピーチの子」より「八つ橋の子」として記憶に残ると勝手に思い込んでいるからです。チームメイトには土下座と八つ橋のダブルコンボで#全力謝罪すれば大抵のことは大丈夫だろうと、なめらかな脳(smooth brain) エナジーで東京へと向かいました。

 

大会当日はこんなんでした。

 

1日目:

レジ落ちしそうになりましたが、ダッシュしたら間に合いました。かっこいい

オープニングセレモニーが始まる前、来週のザ・関西で一緒のチームのゆーとkと目があい、「あ、これ多分喋った方がいいやつだ。」と思うものの、コミュ障すぎて9時間くらい同じ部屋にいたのに喋りに行けませんでした。ごめんね、お父さん(=ゆーとkあだ名についてはざかんのブログを読んでね!)。

 

1ラウンド目:THP a World Without the System of Marriage OPP-win

Vetoのシステムでしくってんですが、無事に同じモーションでディベートができました。いつもオンラインでお世話になっている方々が対戦相手で、初めて対面でお会いできたのでとても嬉しかったです。

 

2ラウンド目:THR the Rise of Pop-pscyhology Gov-lose 

コミのA氏にラウンド2アロケ発表直前「どんまい。」と言われました。はい、化け物と当たるのは確定。アロケが発表されます:パンダ様チームです(LOL)。3人ともうますぎて感動しました ( 私はとくにLOの方がSLAYすぎてPOIする意識が吹っ飛びました)。めっちゃオーソリに八つ橋食べてもらえて嬉しかったです。

 

3ラウンド目:THP Lottercracy to Representative Democracy Gov-lose

対オーソリ社会人の3ラウンド目は、lotttercracy がどんな感じのシステムなのかの分析が甘かったなと思いました。社会人の方々って全員共通でめっちゃいい反論してきますよね、あれなんなん?どうやったらできるようになるん?

 

4ラウンド目:As Black People, THO arts depicting the suffering of Black people Created by White People Opp-win

フィードバックでいただいたアドバイスをもとに、クラッシュベースのスピーチをしようとしたのですが、全くうまくいきませんでした。チームメイトたちがコンストを綺麗に立ててくれていたので、なんとかなりました。

 

オープン大会ってオーソリとたくさん当たるからマジで怖いのですが、強い人のスピーチが生で見れるからものすごい元をとれる感覚を得られるので、怖くても参加する価値はありまくりだと思います。初めての会場内ブレイク発表を体験しました。みんなの反応がみれて面白かったです。机叩くのと拍手するのが大好きな私にとって、最高な空間でした。K-pop stans money melts like snow (チーム名)が出てきた時めっちゃびっくりしました。チームメイトに感謝です。ますべさんが「おめでとう!」って言ってくれて、りょうせい(さん)がダブルハイタッチしてくれて、みなみ(さん)がハグしてくれて、関西コミュニティ大好き!って改めて思いました。

 

2日目:

スーツケースの上に座って無理やりチャックを締め、がらがらと青学まで向かいました。しんえつが「二度寝しちまった!」ってラインしてきて、ほんまに草でした。でも、レジ落ちすることなく、セミファイナルに突入しました。

 

セミファイ:THW legalize vigilantism in high crime area GOV-Lose

ここで初めて、フィリピンオーソリのP氏に当たりました。P氏はまじでコンストも反論も上手すぎて、Deputy やるために生まれてきたんやろなと思うほどの神です。しかも反論する時めっちゃ煽ってくるんですよ(最高)。まじかっこいいですよね。私も相手を煽れるほどうまくなりたいです。負けてしまったのですが、試合のあとP氏に話しかけに行ったら、めっちゃ優しくて好きになりました。

 

今回の大会で目玉となったのは、やはりオープングランドファイナルでした。韓国オーソリが来日しており、彼らの素晴らしいスピーチを録音させていただきました。ベスティちさとがいないぼっちの私にKDSのりゅうのすけ・ぎょとくが構ってくれていて(ありがとうぎょとく!)、グラファイも一緒にみていたのですが、韓国オーソリがスピーチを終えるたびに二人で「SLAYYYYYY。」と言い合わないと気がすまないほど上手でした。世界すごい。

 

さて、クロージングセレモニー前に帰宅するとチームメイトに失礼だと学んだ私は今回ちゃんと最後まで残ることを計算した上で新幹線をとっていました。優秀!オープン大会のいいところは、先輩方のご活躍が見れることです。関西コミュニティの方々の名前がスライドに乗ると、思わず叫び出してしまいます(とてもうるさいです、周りの人たちごめんなさい)。そんな先輩方のおかげで私も今回、名前がスライドになるという光栄すぎる体験ができました、本当にありがとうございます。対面大会に出ると、ディベートってやっぱり楽しいな、って思えるのでこれからも対面大会参加できるようキャピタリズムへのオプトインを試みています。

嬉しそう、よかったね!

【Keio Debate Open 2023】

《Team Prize》
✨🌸Rookie Semifinalist🌸✨
▶️K-pop stan's money melts like snow (Osawa, joint)

《Speaker Prize》
💐🥉3rd Best Rookie Speaker Speaker🥉💐
▶️Yuka Osawa


マスクをつけてディベートをしていた時代、懐かしいですね。秋のブログリレー、毎日更新されるのでお見逃しなく!

 

京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、ご支援を頂いております。 https://www.angelplayingcards.com/

【新歓ブログ6】 ディベートを通してオタクになる

こんばんは、ブログ担です。ブログリレーもついにラスト、最後は京大文学部4回生?5回生?の増部光晟さんに書いてもらいました!ますべさんはめちゃめちゃディベートオタクで、とっても面倒見がいいみんな大好きな先輩です。

 


 

京大文学部アメリカ文学専修の増部光晟です。純ジャパでディベートは高校から始めました。魂がディベートに囚われてしまったので運営とディベーターとジャッジを気の向くままに続けています。最近の悩みは一向にディベートを辞められず、元ディベーターの親友に「まだディベート続けてんの⁉」と言われていることです。早く魂が自由になりたい。

ますべさん可愛いね!

1.

森見登美彦夜は短し歩けよ乙女』に「詭弁論部」という架空のサークルが登場するのをご存じだろうか。恋破れた詭弁論部の男が結婚式の二次会の会場において、まさに挙式を済ませた新婦に向かって「自分の恋している者よりも恋していない者にこそ身を任せるべき」という論題で最後の悪あがきの弁論を行う。読者はもちろん常識に照らして恋している者と結婚する方がいいに決まっていると思っているし(私もそう思う)、恋破れた男が酒を飲んで荒唐無稽な弁論を展開するのはいかにも惨めで滑稽なシーンだと思うことだろう。二次会会場に勝手に侵入してタダ酒を飲んでいた黒髪の乙女も、長居することなくすぐに次のタダ酒を求めて徘徊に戻ってゆく。

 

しかし、この反対弁論が存在するのを知っている人はそれほど多くない。実のところ、詭弁論部の男が展開する弁論はプラトンパイドロス』のオマージュ(というかそのまんまパクり)であり、リュシアスという弁論家が語ったとされる内容を若者パイドロスソクラテスに説明する内容に一致する。

 

パイドロス
ええ、それがまた、ソクラテス、あなたに聞かせてあげるにもってこいのことなのです。なぜかと言いますと、私たちのとり上げていた話というのは、――一種独特の仕方でなのですが――恋(エロース)に関係のあるものだからです。というのは、いいですか――リュシアスはひとりの美少年が口説かれる次第を話に書きました。ところが口説かれるといっても、口説くほうの男はその少年を恋しているわけではないのでして、そこのところがまさに、工夫をこらした月並みではない点なのです。つまり、自分を恋している者よりも恋していない者にこそむしろ身をまかせるべきである、というのが、彼のその話の論旨なのですから。(プラトンパイドロス』227C 藤沢令夫訳、岩波文庫 1967)


この弁論を聞いたソクラテスの行う反対弁論は、いささか長いので省略するが、ムーサの詩想、デルフォイの神々、名前制定者など叙事詩的かつ神話的な世界観を多用してパイドロスを説得しようとするものだ。飲んだくれた恋破れ男の荒唐無稽な弁論と比較しても圧倒的な荒唐無稽さだ。もしも森見の小説にソクラテスが乱入してきたら(京都の飲み屋にはそういう妖精が棲息しているので、あり得ない話ではない)、現代の読者は恋する者と結婚すべきなんてもはや思ってられなくなってしまう。

 

古来より哲学者たちはソフィストを、真理ではなくもっともらしい言明によって魂を誘惑するとして排撃した。しかし現代では、内在的な真理については無限退行であるなどの疑問が呈されて、例えば信頼性主義(reliabilism)といった、客観的に存在する正当化プロセスへの信頼性やその認識条件を問う外在主義的な認識論も提出されている中で、比較されえない絶対的な真実が存在することに根差した弁論術批判はもはや効力を失いつつある。

 

2.

さて、ものごとの始原について書いたからには、結末にも触れねばなるまい。すなわち、現代のディベートについて。(ディベートはイギリスの大学の中で発達して演劇などと密接な関りがあるのですが、うじゃうじゃ書いてても誰も興味ないから過程はすっとばします)

 

はい、2023年にやってきました。イエーイ!オタクくん元気~?誰もプラトンなんて興味ないし知らないけどディベートは元気でーす!!オタクくんのために最近のカッコいいディベート音源を紹介していくぜ~!

 

1. EUDC 2022 GF 

www.youtube.com


これは全員カッコいいお祭り音源だ!宇宙に惑星系外生命体が存在することを望むっていうわけのわからない論題で4者4様のことを言っててマジでおもろいぞ!俺がディベートしている間に友人は実際に人工衛星を宇宙に飛ばして新しい衛星の製作と概念設計に関わっていたのが最近割とショックだったな!

 

2. Doxbridge Worlds 2021 GF PM Taha

youtu.be


2024はアメリカの大統領選挙だけど、ついにトランプが(わりとしょーもない罪状で)刑事訴追されたな!これはトランプの刑事訴追に賛成する立場のTahaがMAGAキャップを被ってスピーチしてる最高にクールな音源なんだ!ディベートを始めると現代政治にも興味関心が持てるぞ!

 

3. EUDC 2022 QF GW Ahmed El Sammak

www.youtube.com

1971年にアレクシスとモニックの悲劇がガリマール社から出版され、あらゆる形態における官能の自由の問題は大部分表現の自由の問題であり、その周りをとりまく沈黙の広さをユルスナールが指摘した(先にフーコーが指摘してたかも!)と思うけど、最近は大っぴらにポルノについて語れるようになったんだ!ただしHelena Ivanovがディベート界で人工妊娠中絶について語れないことについて、世界中の女性にとって現在進行形で問題であるのに語れないのはコミュニティとしてinclusivityをはき違えている!って言ってるのも注記しておくぜ!


オタクくんもディベートを始めてカッコいいスピーチを自分で構成できるようになろう!

 


 

新入生向けブログリレーの最後にとんでもない記事が投下されましたがいかがでしたか?

何人かの方が書いてくださりましたが、関西ディベートコミュニティの魅力は面白い人が多いところにあるのですが、ますべさんは間違いなくおもろい人 of おもろい人です。京大ディベセクの練習にも出没してくださるらしいので、是非お話してみましょう。

 

新歓ブログリレーはこれで終了ですが、京大ディベセクの新入生向け練習はまだまだ行っています。興味のある方はツイッター、もしくはインスタグラムのDMまでご連絡ください!

京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、ご支援を頂いております。 https://www.angelplayingcards.com/

 

【新歓ブログ5】 ディベート以外も楽しい!京大OGが思うディベートの魅力とは

こんばんは、ブログ担です。今回は、京大文学部OGの羽島千智さん(とりちゃんさん)に書いてもらいました。とりちゃんさんは、大学からディベートを初めて、日本の中でも海外でもすごい(語彙力)実績を残した伝説ポケモンならぬ伝説ディベ―タ―なんですよ、、!

 


 

こんにちは。先日京大を卒業してOGになってしまった羽島千智です。別名はとりです。  

おそらく他のブログで既にディベートについて書かれている(はず)と思うので、ディベート以外のことを色々書きたいなと思います。

とりちゃん



内容
1.ディベート以外も楽しい
2.関西ディベートのいいところ


1.ディベート以外も楽しい

ディベートそのものも楽しい要素はいろいろとあるのですが、ディベーターとディベート以外のことをするのもすごく楽しいです。

 

ディベートの良いところとして、「いろんな地域に仲良い人ができる」ことがあると思います。


例えば対面大会で話したり、その後の打ち上げで一緒になったりして仲良くなることもあれば、オンラインで一緒に練習して仲良くなったりTwitterで絡んだりした後に、感動の対面を果たせることもあります。


一緒にチームを組んで大会に出たり、ジャッジ同士で試合前に雑談したり、大会前の練習後にご飯行ったり、仲良くなる機会は無限にあります。
しかも同年代の子だけでなく、先輩とも後輩とも仲良くなりやすいです。

 

仲良くなったディベーターとできることは、ディベートだけではありません。
私は東京に行った際に関東のディベーターと一緒に脱出ゲームに行ったり、草野球したりしました。コロナの時期は、夜な夜なオンラインでAmong usをいろんなメンバーでやっていました。


最近は、全国の同期17人で沖縄旅行に行きました!自大学のサークルの人達で卒業旅行に行くことはよくあると思いますが、日本の同期で卒業旅行に行けることはなかなか無いと思います。

 

ディベートを一緒にする相手、を超えた仲良い友達がいろんな地域にいるとすごく楽しいです。


それに、全員が全員ディベートを常にめちゃめちゃやっているわけではないです。ちょっと離れていた人、大会運営にコミットしている人、練習には出るけど大会にはあまり出ない人、海外大会も含めて大会に出まくっている人、色んな人がいます。ディベートの活動度合いに関わらず、温かく迎え入れてくれる人達がたくさんいるのは良いなと思います。

沖縄



2.関西ディベートのいいところ

関西すっごく楽しいです!!
人数が比較的少ないこともあってか、大学ごとの仲良さもありつつ、関西としてまとまっている雰囲気があります。
大会後には関西メンバーで集まって打ち上げをしたり、カラオケに行ったり、かなり楽しいです。

面倒見のいい先輩も多く、質問すれば色んな資料とともに丁寧に答えてくれると思います!とても良いコミュニティです。

一緒に練習できるのを楽しみにしています🐥

京大ディベセク同期旅行



おわりに
もちろん練習を真面目にやって、大会に出る競技そのものの楽しみもありますが、それ以外にも楽しみはたくさんあるよ!ということを伝えたかったです。

 

ディベートは、真剣に向き合おうとすればどこまででもできてしまうと思います。個人練やリサーチをやろうと思えば無限にできますし、一緒にスピーチ練習やプレパ練習(論題を見て何を言えそうか考える)をしてくれる相手も探せば見つけることは可能です。教えてくれる優しい人も多分います。

 

でも、それだけに終始しない他の楽しみ方もあるよと(当たり前だけど競技だけやっている人ばかりではないよと)いうことが言いたかったです!

 

競技自体の話は多分他のブログにいろいろとあると思うので、ぜひ見てみてください。

色々読んでみて興味を持っていただけたら嬉しいです!

 

おわり

 


京都大学ESSは2021年度よりエンゼルグループ(株)様とスポンサー契約を結び、ご支援を頂いております。 https://www.angelplayingcards.com/